バリアフリー化

taking care

バリアフリーのリフォームで重要なポイント

高齢者が増えるにつれ介護する機会が多くなっている現在です。将来ますます高齢者が増える事が予想され、それにともない住宅をバリアフリーにリフォームする人が増えているのです。住宅をバリアフリーにするといっても、多くの人はどういった工事をおこなえば介護しやすくなるのか知っている人は少ないです。ここでは介護しやすいリフォームをおこなう時の、重要なポイントを紹介していきます。 バリアフリーを目指したリフォームで一番重要で、かならず施工した方が良い工事として手すりの取り付けがあるのです。手すりは介護される側だけでなく、介護する側としてもある事でとても役に立つ設備なのです。手すりを取り付ける場合には、使用する人の持ちやすい高さに取り付けることが重要です。

手すりは複数取り付けると良い

手すりで取り付けた方が良い場所としては、浴室やトイレです。特にトイレはひとつの手すりだけでなく、複数の手すりを取り付けると良いです。浴室にとりつける手すりは木製のものは避けるようにする事が大切です。手すりの取り付ける場所が決まったら、次は廊下の段差をなくすようにプランを立てると良いです。廊下の段差は面木と呼ばれる段差を解消できる部材で解消できるのです。また車椅子が通るのに必要な幅は78センチといわれているため、可能ならば廊下の広さをそれ以上とると良いのです。 またトイレや風呂のドアは引き戸タイプのものへと交換する事がバリアフリーのリフォームとして重要です。特にトイレは一連の動作がきまっているため、スムーズに動作がおこなえるように間取りや手すりの位置を決めることが肝心です。